蟹江町の目指す地域包括ケアシステム

 地域包括ケアシステムとは、医療・介護・予防・生活支援・住まいが地域において切れ目なく一体的に提供される体制であり、その構築のためには地域の実態を踏まえた「在宅医療・介護連携の強化」、「認知症施策の推進」、「生活支援・介護予防サービスの基盤整備の推進」、「高齢者の居住安定に係る施策との連携」に取り組んでいかなければなりません。

 高齢で医療や介護などが必要な状態になっても、適切なサービスを利用することによって、人としての尊厳を保ちながら、自立した日常生活を送ることは、すべての町民の共通の願いです。

 特に医療と介護の連携が必要で、多職種間で顔の見える関係を構築し、介護職と医療職間の相互理解や情報共有を図ることでより効果的なサービスが提供されます。

いつまでも、元気に、心豊かに安心して暮らすまちをめざして

つながろまい蟹江とは

 地域包括ケアシステムの構築に欠かせない医療と介護の連携を目的として、「つながろまい蟹江(電子@連絡帳)」というツールを用いて情報共有をすることにより、質の高い安全な医療や介護サービスの提供を目指すネットワークのことです。

 さらに、海部津島の広域連携の円滑化を目的として、海部医療圏広域医療・介護・福祉ネットワーク「つながろまい海部津島」に参加しています。

↑このページのTOPへ